第16回青少年のための科学の祭典・日立大会は、平成28年11月27日(日)に、日立新都市広場マーブルホールを会場として開催された。工都日立で海、山に囲まれた自然豊かな地域の特性を生かし、科学やものづくりのまちと人々の暮らし、自然と人間との調和をテーマに掲げ、魅力ある大会となり当日は2,995名の来場者でにぎわいを見せた。

この催しに茨城大学技術部として、「磁力ゴマ」の出展を行った。磁力ゴマとは、コマとして片側2極型フェライト磁石を使用し、土台にリードスイッチ、コイルなどの電子部品を使い、タイミングよく磁場を発生させることで、コマに引力と反発力を働かせて回転を持続させるもので、好評にて終了することが出来た。