第8回 モノづくり体験・理科工作教室

募集要項
1.対象 日立市内の小学生高学年の児童 (4 , 5 , 6 年生)、各テーマ20名
2.テーマ (1)電子ピアノ
(2)立体万華鏡とPPバンドサッカーボール
(3)手作り燃料電池と色が変わる不思議な液体
3.とき 2013年8月23日(金) 13:00~16:30
4.ところ 茨城大学工学部 (日立市中成沢町4-12-1)
5.参加料 500円 (材料費、保険料を含みます)。当日集金します。
6.申し込み 参加テーマ、小学校名と学年、氏名(ふりがなをつけて下さい)、保護者名、
住所(連絡先)、電話番号を明記の上
茨城大学工学部 技術部(Fax 0294-38-5253)または技術部の
応募フォームより
7.受付期間 2013年8月6日(火)まで
(申し込み多数の場合は抽選、当選者には8月13日(火)までに通知します)
8.問い合わせ 茨城大学工学部 技術部 (関根:Tel 0294-38-5253)
9.資料 ポスター

テーマ詳細
(1)電子ピアノ
  ①まず、抵抗、コンデンサ、トランジスタ等の電子部品を基板にハンダ付けをする。
  ②次に鍵盤を押して音が出るか確認し、可変抵抗を回して音階を整える。
  ③最後に回路がむき出しの電子ピアノに外枠を取り付ける。
  ④「チューリップ」の楽譜を渡し、完成した電子ピアノを使いみんなで演奏する。

  

(2)立体万華鏡とPPバンドサッカーボール
  立体万華鏡
  ①直角に合わせた樹脂ミラー3枚と工作紙3枚で立法体を作る。
  ②ミラー3枚の裏面から光が入るように裏面をけがいて線を引いておく。
  ③立方体の中をのぞくと、鏡に反射された不思議な模様が観察される。

  PPバンドサッカーボール
  ①荷造りひもとして使用されるPPバンドの端に両面テープをつける。
  ②10本のPPバンドを使い五角形を組む。各PPバンドの交差する部分の上下関係は交互させる。
  ③PPバンドで囲まれた部分は五角形と六角形とが隣り合うように編み、サッカーボールを作る。

  

(3)手作り燃料電池と色が変わる不思議な液体
  手作り燃料電池
  ①鉛筆の芯(炭素)を電極に用いて、電解液を電気分解します。
  ②発生した気体が反応し、発電していることをLEDランプの発光で確認します。

  化学実験ショー
  ・液体窒素を用いた低温実験
  ・色が変わる?不思議な反応